引きこもるという情熱 - 芹沢俊介

芹沢俊介 引きこもるという情熱

Add: ulijiwyl81 - Date: 2020-11-26 11:10:34 - Views: 4562 - Clicks: 4839

否定の視線について 幸福の条件をめぐって. 検索結果 134 のうち 17-32件 本: 芹沢俊介. 芹沢俊介編『引きこもり狩り』雲母書房 年 アイ・メンタルスクールと長田塾の事件をめぐり、6人の論者が熱く語った一冊。 芹沢氏は強い怒りを込めて、強制的な「引き出し」と、それを肯定的に報道したメディアを全面批判する。 現代でも、「引き出し」を良いことであるかのように報道するテレビ番組や、一部の視聴者の反応がある。私はそれらを鑑賞することに耐えられない。 だが本書は無理解な「引き出し」が完全に間違いであることを伝え、精神的な励ましを与えてくれるものだ。 60年代からの「ひきこもり」の歴史を語った高岡健氏(斎藤環氏がボロクソに批判される)や、「引き出し」にあった青年の言葉を引きんがら誠実に語る山田孝明氏など、それぞれの論者が専門的な見識を交えて語っている。 弁護士の多田氏の言葉が面白かったので紹介したい。 多田氏は、そもそも「引きこもり」の「引き」がネガティブな意味であり、たんに「こもり」と言うべきであるという。 その上で、「こもる」ことには三つの意味があると語る。 と言い、うなづける考察だった。 現代でも変わらない、というより、現代だからこそより一層必要性を増した論考がつまっている。.

よろしくお願いします ブックシティ : 引きこもるという情熱 から 芹沢 俊介. 「存在論的ひきこもり」論 わたしは「私」のために引きこもる 芹沢俊介著 雲母書房 年9月5日初版発行 267ページ 目次 はじめに―肯定性へ向けての新しい道筋 Ⅰ 「ひきこもり」がなくなるとき p7. 芹沢俊介とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。. 芹沢俊介セリザワシュンスケ 1942年、東京に生まれる。上智大学経済学部卒 ※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。 出版社内容情報.

芹沢 俊介 | /5/1. mixi世代間連鎖を断つ~私が選択する 『引きこもるという情熱』 家族の動向を30年以上追い続け、言及されてきた評論家. 『ひきこもれ』(吉本隆明 年)や『引きこもるという情熱』(芹沢俊介 年)という、思想家によるある意味での「文学的ひきこもり論」では、このような波及効果を持ち得なかった。. 芹沢 俊介 引きこもるという情熱 - オンラインで ダウンロードする. 引きこもり現象を全面肯定した画期的「引きこもり」論。 引きこもるという情熱 作者: 芹沢俊介 出版社/メーカー: 雲母書房 発売日: /05 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (15件) を見る. 引きこもるという情熱 Format: Book Responsibility: 芹沢俊介著 Language: Japanese Published: 東京 : 雲母書房,. 「存在論的ひきこもり」論 わたしは「私」のために引きこもる 芹沢俊介著 雲母書房 年9月5日初版発行 267ページ 目次 はじめに―肯定性へ向けての新しい道筋 Ⅰ 「ひきこもり」がなくなるとき 否定の視線について 幸福の条件をめぐって 「存在論的ひきこもり」論 長期に引きこもっている人が家庭内殺傷事件を起こしやすいのか Ⅱ 二〇〇〇年代とひきこもり 引きこもる若者たちをとりまく今 本や映画から「ひきこもり」を読みとく 『IRIS』編集局インタビュー・しんどいけれど踏みとどまって考える Ⅲ 否定的「支援」の身勝手さ 「支援」についてのノート 「善意の道は地獄へ通ずる」ということ 長田塾事件裁判への意見書 Ⅳ 「ひとり」の深さについて ニートの社会学;「ひきこもり」と「アノミー」 人はひとりで生きていかれるのか 文学のなかのモラトリアム青年 あとがき 初出一覧 著者 芹沢俊介 (せりざわ・しゅんすけ) 評論家。1942年東京生まれ。上智大学経済学部卒 著書 『引きこもるという情熱』 『経験としての死』 『〈宮崎勤〉を探して』(以上、雲母書房) 『もういちど親子になりたい』(主婦の友社) 『親殺し』(NTT出版) 『若者はなぜ殺すのか』(小学館101新書) 『家族という絆が絶たれるとき』(批評社) 『阿闍世はなぜ父を殺したのか』(ボーダーインク) ほか多数。 共著 『引きこもり狩り』 『殺し殺されることの彼方』 『還りのことば』 『老人介護とエロス』(以上、雲母書房) 『幼年論』(彩流社) ほか多数。 (※プロフィールは『「存在論的ひきこもり」論』から抜粋。著書は他に家族論・文学論から吉本隆明との共著など百冊近くに及ぶ。このうち雲母書房の本は7冊あったが、手に入らなくなってしまった。) ※※※※※※※※※※※※※※※ 執筆者 喜久井ヤシン(きくい やしん) 1987年生まれ。8歳から学校へ行かなくなり、20代半ばまで断続的な「ひきこもり」を経験している。年シューレ大学修了。『ひきポス』では当事者手記の他に、カルチャー関連の記事も執筆している。ツイッター喜久井ヤシン 詩集『ぼくはまなざしで自分を研いだ』2/24発表 | Twitter 引きこもるという情熱 (芹沢俊介/雲母書房)の書評は本が好き!でチェック!書評を書くと献本がもらえる!腕利きの.

芹沢俊介・高岡健『殺し殺されることの彼方』雲母書房 年 精神科医の高岡健氏との共著。 年以降に相次いだ少年犯罪を、芹沢氏ならではの観点で踏み込んでいく。 青年が抱えた孤独感、映画「バトルロワイヤル」の余波、「ネット心中」の衝撃など、年代の「大人」たちの動揺に対して、本書は冷静な道標となっている。 事件ごとの詳細は省くが、補足として付けられた「事件と報道とのアンバランス」の指摘が興味深い。 少年事件の報道件数(朝日新聞の記事検索サイトで「少年犯罪」のヒット件数を調べたもの)によると、10年間で大幅な変化があった。 まず少年による殺人事件の件数は1990年が71件、年が105件だった。 それに対して、少年犯罪の報道は1990年が21件。年が800件と激増している。 90年は事件のうち三分の一以下しか報道されていないが、年は実際の事件の8倍の報道がされていた。 酒鬼薔薇聖斗事件を契機として、年は「十七歳」の犯罪が注目されたためだという。 私見だが、年代は少年犯罪だけでなく、その「報道」において激動の時代だった。 一方で現代は、少年犯罪や青年・思春期の課題に対して、報道がおとなしすぎるように思われる。 それはどこか、子どもへのまなざしの希薄化という、「事件性」のなさそのものが「事件」であると思えなくもない。. ヒキコモル トイウ ジョウネツ. 『引きこもるという情熱』(芹沢俊介) のみんなのレビュー・感想ページです(4レビュー)。作品紹介・あらすじ:引きこもりには、往路・滞在期・帰路がある。そのプロセスを十全に歩みきることしか、引きこもりからの帰還はありえない。引き出し症候群と、その周辺にある考え方を論理的に. 『引きこもるという情熱』雲母書房 『経験としての死』雲母書房 『「新しい家族」のつくりかた』晶文社 『死のありか』晶文社 『家族という暴力』春秋社 『《宮崎勤》を探して』雲母書房 『子どもたちの閉ざされた心を開け』浄土. 以前ここで書いた「引きこもるという情熱」の著者の本です。 この本の初めには、「人間が成熟してゆくとはどういうことなのか」というテーマについて、「イノセンス」という観点を軸に説明されており、この説明が、とってもすっきりしていて、おもしろいと思いました。.

本書の出発点は、斎藤環氏のベストセラー『社会的ひきこもり』への反論にある。 斎藤氏は、「ひきこもり」への基本的な解説や対応策をつづっている。 しかし同時に、「ひきこもり」の定義化をはじめとして、「ひきこもり」の問題化・病理化を起こしてしまった。 引きこもる当人にとって問題が深くなるのは、「ひきこもり」への「否定的なまなざし」があるためた。 その「否定的なまなざし」を強めるような影響を生み出してしまった点で、斎藤氏の著書には根本的な問題があった。 芹沢氏は本書の中で、認識するべきは「社会的ひきこもり」ではなく、「存在論的ひきこもり」だと言う。 引きこもるという情熱 - 芹沢俊介 では、「存在論的ひきこもり」とは何か。 重要なポイントは、個人を「する自己」と「ある自己」という、二つのあり方に分ける見方だ。 人は毎日を生きていくなかで、さまざまなことをおこなっている。 働いたり、人と話したり、あれこれと動き回るところに「する自己」がある。 しかし、「する自己」はいつでもあたり前にあるわけではない。 ケガや病気で体が動かせなくなれば、働くことや日常生活を送ることも大変になる。 高齢で体が不自由になれば、「する自己」はどうしようもなく減っていく。 「する自己」がどんどんなくなっていくと、個人はどうなるか。 なくなってしまうわけではなく、そこには生身の存在としての「ある自己」がある。 寝たきりの生活になっても、その人の価値がなくなるのではない。 そもそも、赤ん坊のころは誰も「する自己」がなく、「ある自己」だけの存在だった。 さまざまなことを覚え、できるようになっていくことで、「する自己」が増えていく。 学校に行ったり会社に行ったりし、やがては結婚して家庭を築くかもしれない。 そこに拡大していく「する自己」がある。 しかし、学校や会社の人間関係などによって、ひどく傷ついてしまったらどうなるか。 多少のダメージなら、「する自己」をしばらく休ませるだけでいいかもしれない。 しかしただ「居る」ことや、生きていく力も削られてしまったなら、「ある自己」まで傷ついている。 そんなときには、「する自己」を撤退させ、「ある自己」を治癒する時間が必要になる。 その表れの一つが、引きこもるという行為にあたる。 「ひきこもり」は、他者から見て社会的な行動ができなくなること(「する自己」の欠損した状態)ではない。 本人にとって、人生. 昨年の練馬・川崎事件の報道を引くまでもなく、「ひきこもり」への否定的なまなざしがつづいている。 年にいたって『改訂版 社会的ひきこもり』が出たのも、「ひきこもりとは何か」があらためて注目されたためかもしれない。 だが斎藤氏の本の再版に対して、芹沢氏の本は出版社閉社という対照的な展開だ。 私は、日本に「ひきこもり」論の歴史があるとしたら、「社会的ひきこもり」の次に、本書が広まるべきだったと思う。 過剰な就労支援や「引き出し屋」がのさばる社会は、引きこもるプロセスをこじれさせる。 「ひきこもり」へのまなざしは、本書のようなあり方に変わるべきだった。 芹沢氏の射程は、「ひきこもり」に留まるものではない。 「する自己」を過剰に求めることは、過労死の問題や優生思想的な価値観ともつながっている。 日本社会が高齢化していくなかで、「ある自己」へのまなざしはさらに必要になってくるはずだ。 再読されるべき思想として、私はせめて本書を記録し、記憶しておきたい。 そして、雲母書房という出版社があったことも。. 5 Description: 187p ; 20cm. 引きこもるという情熱 フォーマット: 図書 責任表示: 芹沢俊介著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 雲母書房,. 芹沢 俊介(せりざわ しゅんすけ、1942年 8月29日 - )は、日本の評論家。 植物学者・愛知教育大学名誉教授の芹沢俊介(1948年 - )は、同名異人。 来歴. 5 形態: 187p ; 20cm 著者名: 芹沢, 俊介(1942-) 書誌ID: BA5716484X ISBN:. 著名人メッセージ:芹沢俊介さん(評論家) 宅間守の死 9月14日、宅間守の死刑が執行された。 去年8月28日に大阪地裁で死刑判決を受け、弁護団は控訴したのだが、9月26日宅間本人が控訴を取り下げ死刑が確定した。.

本当にそうなのですか? 平成21年度社会教育関係団体自主企画講座 『引きこもるという情熱』. 芹沢俊介著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 雲母書房,. 「引きこもるという情熱」芹沢 俊介 早く何とかしなくては大変なことになる. それが引きこもりの往路・滞在期・帰路というプロ. 「引きこもるという情熱」と題し、評論家の芹沢俊介さんを講師に、引きこもりについて考える講演会が 19日午後2時、松江市白潟本町の市民活動センターで開かれる。 青少年の活動を支援するNPO法人「YCスタジオ」が主催。.

最近記事のrss; 最新コメントのrss; 最新トラックバックのrss; リンク. 斎藤次郎・芹沢俊介『この国は危ない』雲母書房 1998年 教育評論家の斎藤次郎氏との往復書簡を書籍化。 互いの教育論や文学的な教養を交えた、穏やかな交感がおこなわれている。 しかし少年犯罪とその報道が過熱した時期と重なっており、以下の芹沢氏の言葉には時代の空気感がこもっている。 芹沢氏は少年犯罪に関して日本を代表する評論家であり、年頃は特に活動も多彩だった。それだけ事件の多いスリリングな時代だったということだろう。 もっとも、本書はおおむねほのぼのとしたやりとりであり、歌手の早川義夫への言及など、趣味的な部分も少なくない。 「この国は危ない」というタイトルも、中島みゆきの「4.2.3」の歌詞からとられたものだ。. Amazonで芹沢 俊介の引きこもるという情熱。アマゾンならポイント還元本が多数。芹沢 俊介作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また引きこもるという情熱もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 5 形態: 187p ; 20cm 著者名: 芹沢, 俊介(1942-) 書誌ID: BA5716484X 以下のLINK先でもこの図書の目次等の情報が参照できます。 紀伊國屋書店BookWeb:. 芹沢 俊介 略歴 〈芹沢俊介〉1942年東京生まれ。上智大学経済学部卒。評論家。著書に「引きこもるという情熱」「親殺し」「若者はなぜ殺すのか」など。 引きこもるという情熱/芹沢 俊介(教育・学習参考書) - 引きこもりは希望である−。引きこもりの往路・滞在期・帰路のプロセスを十全に歩みきることしか、引きこもりからの帰還はありえない。. 「社会的ひきこもり」の定義には、「二十代後半から問題化」・「六か月以上」といった区切りがあった。 この発想の仕方には「する自己」(社会的にできること・有能さ)の観点があり、助力の方法も、就労支援などの「する自己」にかたよってしまう。 また、厚生労働省の定義では、「ひきこもり」が特定の「状態像」としてとらえられている。 「ひきこもり」は「状態」でなく、「変化のある動的なプロセス」としてとらえるべきだ。 「存在論的ひきこもり」では、往路、滞在期、帰路に分けて考えることができる。 ① A→B 引きこもることの往路 ② B 引きこもることの滞在期 ③ B→C 引きこもることの帰路 ここでは一例として、①のプロセスのみを紹介する。 仮に、会社の人間関係で傷つき、引きこもるようになった人がいたとする。 一般的には、「しばらく休めばまた働ける」と考えられてしまうだろう。 そのため就労支援のように、すぐに「する自己」が求められる。 だが引きこもるときは、「する自己」だけでなく「ある自己」が傷ついている。 今以上に「ある自己」が損傷することを避けるために、引きこもるようになっている。 そんなときに、無理やり「する自己」だけをしても、余計に「ある自己」が傷つきかねない。 本人も「動きださないといけない」と考え、「する自己」の減った自分を否定するかもしれない。 だが、これは「逃げる」ということではなく、安心できる居場所を探すための、必然的な行動だ。 ここに、引きこもることの往路(①)がある。 引きこもる本人や親は、この往路を否定して、こじらせるべきではない。 むしろ、安心して引きこもれる滞在期(②)まで、すみやかに移行させるべきだ。 引きこもる本人にとって、安心できる居場所と受け止め手がいるということは、滞在期を過ごしやすくさせる。 それは「ある自己」の治癒・修復が、はるかにおこないやすくなるということだ。 この例のように、「ひきこもり」はプロセスであり、往路・滞在期・帰路それぞれのあり方と向き合い方がある。 (芹沢氏は精神科医のウィニコットを参照し、「自己間関係」や「環境と他者」など、哲学的な用語を出して論考を進める。上記の説明はきわめてざっくりとまとめたものにすぎない。だが少なくとも、「する自己」と「ある自己」の見分けが、「社会的ひきこもり」とはまったく別の「ひきこもり」の地平.

引きこもるという情熱・・・・芹沢俊介 | 一人楽しく映画の日々 - 楽天ブログ 毎日1人にポイントが当たる楽天ブログラッキーくじ. ではなく、「押し出す」姿勢が必要と述べています。この座談. 芹沢俊介さんの講演会があります。 おきなわ子どもの人権を考える会の主催です。 芹沢俊介さんと言えば、「引きこもるという情熱」が有名だと思います。 不登校・ひきこもりをしている子どもたちや若者たちへのメッセージや、親や教育関係者に対して様々な提言を行ってこられている芹沢. See full list on hikipos. 芹沢俊介『引きこもるという情熱』雲母書房 年 98年に、斎藤環の「社会的ひきこもり論」がベストセラーになった。以降公的な支援も活性化したが、そこには「ひきこもり」に対する否定的な態度が強く入っていた。 否定的なまなざしをもった支援は、結果として引きこもる人の逆効果になりかねない。 本書は「ひきこもり」を全面肯定し、「正しい引きこもり論」の獲得を目指した画期的な一冊だ。 「社会的ひきこもり」では、「ひきこもり」は特定の状態としてしか見られなかった。 しかし芹沢氏は、「ひきこもり」は流動的・能動的なものであり、三つの基本的なプロセスがあるという。 それは「ひきこもり」の「往路」「滞在期」「帰路」だ。 自己が傷つけられる環境にあるとき、そこから撤退しなければ、自分という存在は守れない。 本人も親も引きこもることを否定せずに、「受けとめ―受けとめられ」る関係が必要になる。 それを「逃げる」ことや「怠け」というのは論外で、むしろ安全な居場所を探し求めるための、流動的・能動的な行為といえる、と言う。 直接は書かれていないが、ここに題名のもととなった「情熱」があるということだろう。 後の『「存在論的ひきこもり」論』(年)では、これらの思想が深められている。 出版された年の段階では、「ひきこもり」がまだ青年期の姿としてとらえられていた。中高年の「ひきこもり」が課題となった現代からすると、時代遅れになった箇所もある。しかし一部で「ひきこもり」の女性が論じられているのは先駆的だ。 巻末のあとがきでは、「ひきこもり」を強制的に引きだす「O」への怒りがつづられている。これは言ってしまうと長田百合子氏のことであり、のちの事件を予見している。. 『引きこもるという情熱』雲母書房 『経験としての死』雲母書房.

前回に続き芹沢俊介氏の「引きこもるという情熱」から、問題点をあげてみましょう。 氏は、『少年育成』という雑誌の中でのある座談会の記事をあげ、「待つ」という保護的な関わり方だけ. 《引きこもるという情熱=芹沢俊介著》を図書館で借りに行こうと 出掛ける支度をしていたら、 長男も「俺も一緒に行く」って言うから え~(-. -;)何かやりにくいじゃん と思ったけど、一緒に図書館へ。 帰ってから借りてきた本を読んでいると.

5 形態: 187p ; 20cm 著者名: 芹沢, 俊介(1942-) 書誌ID: BA5716484X.

引きこもるという情熱 - 芹沢俊介

email: wulob@gmail.com - phone:(788) 165-5819 x 2242

埼玉平成高校 開運模試A1 - カーサ・フェミニナ教育研究所 - 吾妻ひでお ぶらっとバニー

-> 日本の刀剣カレンダー 2017
-> ふみのてほどき - 比田井小琴

引きこもるという情熱 - 芹沢俊介 - さむがりやのペンギン


Sitemap 1

ゆり6の保育日誌 - 正木直子 - ジョナサン ハピネス 代で必ず好転する ラウシュ